残業

20歳以上の有職者なら手軽に借り入れができるとして、キャッシングが多くの方に活用されてきています。
ただ、以前はキャッシングの利用規制が緩かったので自分の収入以上の借金を抱えてしまう方も少なくないのが現状となっていました。
そのため多重債務で返済苦に陥る方が増加し、それに伴い債務者の救済の債務整理をおこなう方も増えてきてしまっていたのです。
それを受け2010年に貸金業法の整備がなされています。
これにより無理な借り入れを制限され、多重債務者の減少し、この制度を利用する方は今後減少してくるとの見方がされています。
現に多重債務者の数は年々緩やかに減少してきているため、いずれ大きな成果を見せてくるようになるでしょう。
多重債務者になると悩みが増えますが、法律事務所に相談をすると、解決策を練ることが可能になります。

専門知識に頼る

債務整理を行う場合、債務者自身で手続きを取ることも可能ですが、法律に関することですので基本的には専門知識を持った法律事務所を通すことになっています。
例えば弁護士や司法書士ですね。
ただし、一口に法律事務所と言っても同じではありません。
弁護士と司法書士では携われる範囲に違いがありますし、また一番わかりやすい違いが実績です。
借金問題は民事相談の中では最も一般的な内容ですので、法律的にはさほど難しい内容ではないのですが、やはり実績の有無によって成功率は変わります。
減額交渉をするにしても、交渉力がなかったり、こちらの希望の減額をしてくれないようでは意味がありません。
そのため、実績と信頼を得られる法律事務所に相談をすることがお勧めされています。

適した債務整理

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3つが存在します。
この内いずれか1つの手段を取りますが、どの手段が適しているのかは債務者により異なります。
例えば安定した収入があり、失いたくない財産がある、返済はしたいという方なら任意整理か個人再生になるでしょう。
また、手軽に手続きを済ませるには任意整理で利息分のカットをしてもらい、面倒ですが大幅に借金減額を期待するのなら個人再生がいいとされています。
対して、収入がない、借金が多すぎる、失って困る財産がない又は財産の処分は仕方がないという方には自己破産になるでしょう。
どれがいいのかは一概ではないので、それを含めても、まずは法律事務所に相談することをお勧めします。

オススメリンク

パソコンと女性

業者の増加

日本人は訴訟を嫌う傾向が強いので、よほど追い詰められた状況にならない限り自ら訴訟を提起しようとは考えません。し…Read more
会社へ向かう

問題解決の為に

借金の返済が滞っていて悩んでいる場合は、債務整理といって法的に借金の問題を解決する方法があります。借金の問題で…Read more
大きなオフィスビル

選択肢がある

債務整理をするのに任意整理で借金を整理したい場合、司法書士に依頼するのか弁護士に依頼するのか2つの選択肢があり…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031